「筋トレ」と「不眠症」

「筋トレ」と「不眠症」

2019年7月5日 0 投稿者: Media Fitto Manager

 

健康な体を維持することはとても大変です。健康的な食事をとって、カラダを動かして、寝る。当たり前のようなことができなくなっています。

1日に20分から30分の運動が、人のストレスや不眠症を解消できるのです。筋トレだったり、ランニングには圧倒的な良い効果があります。

ウェイトリフターなどのアスリートは、筋力トレーニングと睡眠の直接的な関連性をよく知っていることでしょう。

❶ ストレス軽減

筋トレをすることは、ストレスと不眠症を軽減します。筋力を上げることは、健康に良い影響を及ぼし、体内の重要な機能を正常に働くように機能改善してくれるのです。

例えば、肥満症、高血圧などを予防・改善するとともに、ストレスを減らし、良い睡眠を取れるようになります。

そして、姿勢改善につながり、その姿勢改善が日々の疲労感を大幅に減らします。

❷ 自信

筋力トレーニングは、身体的・精神的なコンディションを整えます。いつもより自信を感じたり、体を自由に動かせるようになることは、日々の生活に余裕が生まれ、質の高い睡眠につながるのです。

人は恐怖や不安を感じる時に、ストレスが大きくなるものです。このような精神的な変化への対応はとても難しいもの。

ここで重要なのが、適当な方法で体の健康へ努力することです。お酒やタバコに手をつけすぎないようにするべきです。

筋力トレーニングのような、体の根本から強くする行為は、精神的にも強さをもたらし、自分の外見から自信を与えてくれるのです。

エクササイズを欠かさずに行うことは、その行為によって自分がポジティブになり、自信を生み出します。そして、環境のコントロールが上手になるのです。

エクササイズの習慣かのメリットです。

❸ エクササイズのスケジュール化

良い睡眠は習慣によって生まれます。

1日だけ本気でトレーニングしたからといって、それから毎日良い睡眠を取れるようになるわけではありません。

一週間のトレーニングをスケジュール化して、それを忠実にこなします。一つの決まったルーティーンを長い期間続けることで、体内のサイクルが正常になり、良い睡眠ルーティーンにつながります。

週2日ジムに通って、他の日はランニングをする。全部早朝の時間にこなそう!など。

この時、エクササイズは睡眠の直前にはやってはいけません。体内神経が興奮してうまく眠りにつけなくなります。

❹ 深い睡眠

深い眠りと筋力トレーニングは切っても切れない関係にあります。

良い睡眠は、体内のホルモンバランスを整え、そのホルモンは筋トレで破壊された筋繊維の修復に大きく関わっています。

深い眠りについている時、GHRHと言われる体内成分が成長ホルモンを分泌します。

この成長ホルモンが、疲れた体の修復に役立ち、ストレスの軽減にも役立ちます。