トライセプスキックバックのやり方

トライセプスキックバックのやり方

2019年8月16日 0 投稿者: Media Fitto Manager
筋トレ名 トライセプスキックバック
鍛える部位 上腕三頭筋
レベル ビギナー
難易度 とても易しい
オススメ度 ★★★★★ 5/5
マスト度 ★★☆☆☆
そんなあなたに 女性トレーニー

トライセプスキックバック

トライセプスキックバックは、二の腕の筋肉(上腕三頭筋)を鍛える筋肉です。

このトライセプスキックバックは、辛い筋トレではありません。比較的に軽い負荷でトレーニングすることができます。お手ごろにトレーニングをして、上腕三頭筋への刺激を感じることができるのです。

そのため、トレーニングに慣れていない女性に最もオススメの筋トレです。

マスト度が低いのは、トライセプスキックバックのトレーニングは負荷が低いからです。トレーニングに慣れてくると、キックバックの刺激では足りなくなってくるのです。キックバックに慣れてきたら、他の上腕三頭筋トレーニングを取り入れましょう。

トライセプスキックバックのやり方

❶ 準備とスタートポジション

・ダンベルを片手に持ち、膝を曲げて上体を地面と平行になるまで傾けます。

・ダンベルを持っていない方の腕は、太ももにおいてからだを支えます。

・ダンベルを持っている腕は、脇を締めて体の側面に置きます。

・肘の角度を90度にします。これがスタートポジションです。

❷ 動作

・肘の位置を固定した上体で、肘だけを伸ばして、ダンベルを後方に持ち上げる。

・肘を伸ばしたら、1秒から2秒静止て、肘をゆっくりと曲げていく。

❸ 呼吸法

・肘を伸ばす時に息を吐いて、戻す時に息を吸います。

フォームチェックリスト

❶ 上体が地面とほぼ平行になるまで傾いているか。

上体がまた向いていないと、ダンベルの負荷が二の腕に乗らなくなってしまいます。なるべく刺激を与えるために、上体はきちんと傾けましょう。傾けるのが難しい場合は、重量が重すぎるかもしれません。

❷ 脇を閉じているか。

肘が外側に向かないように、脇を閉じて上腕三頭筋への刺激を最大化しましょう。

❸ 反動を利用していないか。

チーティングという反動を利用してダンベルやバーベルを上げるテクニックは上級者向けです。ビギナー向けのこのトレーニングでは負荷が軽いため、チーティングは使わずに行います。