シーテッドショルダープレスのやり方

シーテッドショルダープレスのやり方

2019年8月20日 0 投稿者: Media Fitto Manager
筋トレ名 シーテッドショルダープレス
鍛える部位 三角筋(肩)
上腕三頭筋(二の腕)
レベル ビギナー
難易度 とても易しい
オススメ度 ★★★★★ 5/5
マスト度 ★★★★★ 5/5
バリエーション スミスマシン
バーベル
ダンベル
そんなあなたに ビギナートレーニー
女性トレーニー
アスリート

シーテッドショルダープレス

ダンベルやバーベルを頭上に持ち上げるトレーニングを、ショルダープレスと言います。肩(ショルダー)の筋肉を動員するためにショルダープレスと言います。シーテッド(seated)は座った状態を意味しており、座った状態で行うショルダープレスを、シーテッドショルダープレスと言います。

◉ 初心者・中級者・上級者、どんなトレーニーでも取り入れている種目です。三角筋全体に刺激を与えることができます。肩幅が狭くて悩んでいる方や、メロンのような肩を手に入れたいのであれば、このトレーニングは欠かせません。

◉ 頭上に重りを持ち上げることで、高い位置にある重りを支えるために体幹部の筋肉が使われます。アスリートも取り入れているトレーニングです。

◉ ショルダープレスには、シーテッドショルダープレス(座って行う)とスタンディングショルダープレス(立って行う)があります。シーテッドで行うメリットは、反動が使えないことです。他の種目にも共通することですが、立って行うと体の反動を使ってダンベルやバーベルを上げてしまいます。ですが、座って行うことでその反動をなくすことができるのです。

シーテッドショルダープレスのやり方

❶ 準備とスタートポジション

・シートに座り、バーは肩幅よりやや広めの位置を握るようにします。手幅が少し狭すぎるかな、と思うくらいで良いでしょう。

・両足は床につけて、臀部・背中・後頭部をきちんとシートに触れるようにします。

・バーをラックから外し、鎖骨の位置で保持します。

❷ 動作

・肘を伸ばして、バーを頭上まで挙上します。

・挙上後は、バーを鎖骨の位置(スタートポジション)までゆっくりと戻していきます。

❸ 呼吸法

・スタートポジションで息を吸い、頭の頭上まで挙上したら息を吐きます。

フォームチェックリスト

❶ 視線が正面にあるか。

視線が正面を向いているかは、とても重要です。下を向いてしまっている場合は、体は丸まっている証拠なので、できるだけ上を見るようにしましょう。

❷ バーを垂直に挙上しているか。

バーを挙上するときは前後にぶれないように、まっすぐ上に挙げていきます。

❸ 脚はリラックスしているか。

ベンチプレスと異なり、脚は踏ん張らずにリラックスした状態で床に落とすイメージを持ってください。肩・肩甲骨・肘の関節に意識を全集中させて、三角筋に刺激を与えていきましょう。