サイドレイズのやり方

サイドレイズのやり方

2019年8月22日 0 投稿者: Media Fitto Manager
筋トレ名 サイドレイズ
鍛える部位 三角筋(主に中部)
レベル ビギナー
難易度 やや易しい
オススメ度 ★★★★★ 5/5
マスト度 ★★★★★ 5/5
そんなあなたに 肩を丸くしたい人
肩幅を広くしたい人
逆三角形の体を目指す人
ビギナー

サイドレイズ

サイドレイズは三角筋を鍛えるトレーニングです。主に三角筋中部を鍛えることができます。

異様に発達している三角筋をメロンと比喩しますが、そのメロンを作るのにサイドレイズは欠かせないトレーニングです。

サイドレイズのやり方

❶ 準備とスタートポジション

・両手にダンベルを持ち、肩幅程度のスタンスで、膝を若干曲げて立ちます。

・手のひらを内側に向けて、太ももの外側にダンベルをつけます。

❷ 動作

・膝を少し曲げて、手の甲を真上に向けてダンベルを肩の高さまで挙上します。この時ダンベルを側方に挙上していきます

・脱力せずに、三角筋への刺激を感じながら、ダンベルを下ろしていきます。挙上した時のダンベルの軌道をなぞるように戻します。

❸ 呼吸法

・ダンベルを挙上するときは息を吸って、下ろすときに息を吐きます。

フォームチェックリスト

❶ 直立しているか。

腰をそったり、背中が丸まっていたりしないか注意します。サイドレイズでは、直立した状態を常に保ちながら反動を使わずにトレーニングをすることが大切です。膝はやや曲げた状態で構いません。

❷ 肩がすくんでいないか。

トレーニング中にどうしても肩がすくんでいる人を見かけます。しかし、肩がすくむと僧帽筋に刺激が入ってしまいます。ターゲットの筋肉は三角筋なので、僧帽筋に刺激が逃げないようにするために、肩をすくませてはいけません。