鶏そぼろ丼!パサパサお肉が大変身

鶏そぼろ丼!パサパサお肉が大変身

2019年11月5日 0 投稿者: Media Fitto Manager

 

鶏のささみや胸肉って、硬くて美味しくないですよね?

そんなささみと胸肉を美味しく食べる方法をご紹介したいと思います。作り方は簡単です!

 

 

 

鶏そぼろ丼のマクロ栄養素

 

IMG_2911.JPG

マクロ栄養素とは、簡単に言うと炭水化物・タンパク質・脂質のことです。

 

鶏そぼろ丼: 炭水化物ー約60.0g タンパク質ー約65.0g 脂質ー約10.0g 鶏肉250グラムの場合

筋トレをしていて筋肉をつけたいのであれば、ヘルシーな食事にするために、鶏の皮は食べるべきではありません。なぜなら、皮は脂質が多く含まれているからです。脂質の過剰摂取は脂肪を作り出してしまうので厄介です。

 

材料

 

・鶏の胸肉orささみorひき肉

・醤油

・砂糖

・たまごIMG_2889.jpg

 

 

作り方

 

❶ 鶏肉をみじん切りにして、ひき肉状態にします。

❷ 火をつける前にフライパンに鶏肉・醤油・砂糖をすべて加えます。

❸ 火を中火に設定して、点火し、お箸で混ぜながら火を通していきます。

IMG_2895.jpg

❹ 鶏肉から水分が出始めますので、その水分が蒸発し切ったら完成です。

IMG_2897.jpg

IMG_2899.jpg

 

 

おすすめサイドディッシュ

 

close up of salad in plate

Photo by Pixabay on Pexels.com

鶏そぼろ丼には、十分なタンパク質が含まれていますので、さらにヘルシーに仕上げるためには野菜が欠かせません。

つまり、サラダです!

野菜から食物繊維を得ることで、腸内環境を良好にして、栄養素の吸収スピードを高めてくれます。