スムージーを試してみたいあなたへ

スムージーを試してみたいあなたへ

2019年12月30日 オフ 投稿者: Media Fitto Manager

スムージーに必要なものはミキサーと材料だけ。

健康効果は絶大で、いろいろなアレンジ方法があります。

For You fit Articles管理人のプロフィール

  • 身長 182cm
  • 体重 77kg
  • BP 100kg
  • SQ 120kg
  • DL 140kg
  1. オンライン上には間違った情報が乱立していることに気づき
  2. 科学的根拠をもとにしたフィットネスメディを立ち上げることを決意。
  3. これまで50本以上のフィットネスに関する英論文を読み
  4. 根拠のある情報を提供しています。

スムージーとは

スムージーとは、野菜やフルーツをミキサーにかけて召し上がるものです。

幅広い栄養素を手軽に摂ることができるので、朝食に最適。

グリーン・イエロー・レッドなど、スムージーにはいろいろな種類があります。

例えばグリーンスムージーだと、葉野菜を多く使っているのでグリーンになりますよね。だからグリーンスムージーって言うんです。グリーンスムージーを作る時の具体的なルールはないので、お好きな葉野菜を入れてください。

フルーツを入れるときは、皮も入れましょう。皮に含まれるポリフェノールはアンチエイジング効果があります。

スムージーのメリット

① 野菜不足を解消できる

「野菜食べなきゃ!!」

そんなあなたの味方がスムージーです。

スムージーを作る際には、生野菜を大量に使用します。

茹でたり炒めたりすると栄養が逃げてしまうことがありますが、生野菜を使うので無駄なく栄養を摂ることができます。

また、ミキサーにかけることで食べる量のカサが減り、お手軽摂取!

② 飲みやすい

葉野菜を使用したグリーンスムージーは苦くて美味しくないイメージがあると思います。

ポイントは、フルーツです。

フルーツには果糖が含まれていて、摂取しすぎると体重増加につながります。

しかし、甘さやみずみずしさを加えるには最適の食材なのです。

オレンジやグレープフルーツを一緒にミキサーにかけることで、甘さとあっさり感を加えて、美味しく召し上がることができます。

スムージーの効果

① デトックス効果

スムージーには多くの野菜や果物が使われますが、カリウムを多く含んでいます。

カリウムには、体内の毒素と結びついて排出する役割があるのです。

老廃物などの不純物が増えると、むくみなどの原因になります。

② アンチエイジング効果

フルーツの皮に多く含まれるのが、ポリフェノールです。

このポリフェノールには美肌効果があり、アンチエイジングに一躍かってくれます。

③ 便通改善

腸内環境を改善してくれるのが食物繊維です。

1日に15~20グラムの摂取が推奨されていますが、ほとんどの人がこの基準値に達していません。

野菜100グラム中に1.5~3gの食物繊維が含まれますが、約500gの野菜を摂取しなければいけないということです。

そんな野菜不足を解消するのが、スムージー!

スムージーの注意点

① 野菜とフルーツを食べた気になってはいけない

野菜とフルーツを摂取したからといって、噛んで食べた時と同じだと思ってはいけません。

噛むという動作は人間が生まれ持った本能的行為です。

その動作がなくなることで、体に異変が生まれます。注意!

② タンパク質と脂質忘れない

三大栄養素は「タンパク質・脂質・炭水化物」

スムージーには、炭水化物(糖質+食物繊維)が豊富ですが、タンパク質と脂質がほとんど含まれていません。

タンパク質と脂質を多く含んでいるのが、お魚・お肉・ナッツです。

そこでおすすめが、ナッツを20~30g一緒にミキサーにかけること!

十分とは言えませんが、タンパク質と脂質を同時に摂取することができます。

③ フルーツを入れすぎない

「じゃあ、どれくらい入れればいいの!?」

ってなりますよね。

ご自身が飲みやすいと感じるまでに抑えてください。飲みやすいと感じたらそれ以上は入れないようにします。

フルーツに含まれる果糖は「糖質」です。過剰な糖質摂取は脂肪として体に蓄えられてしまいますので、ご注意を!

④ スムージーに頼りすぎない

スムージは流動性の食事になりますので、噛む動作がない。

その結果唾液の分泌が少なくなるので、消化吸収に時間がかかるのです。

⑤ サラサラすぎない?

スムージーを作ってみてサラサラなものが出来上がったら注意です。食物繊維が足りないかもしれません。

食物繊維が豊富なスムージーは、言ってしまえばドロドロしています。

しかし、フルーツを入れすぎるとサラサラしていてただの美味しい砂糖ジュースになり兼ねます。

良いスムージーを作るチェックリスト

✅ スムージーにナッツ類を入れた

✅ フルーツは野菜の臭みがとれるまで

✅ ドロドロスムージーが健康の証

✅ 噛むことの重要性を忘れない

スムージーのアレンジ

① プロテインを入れる

スムージーに足りないのがタンパク質と脂質です。

脂質はナッツや牛乳で補い、タンパク質はプロテインパウダーで補います。

プロテインには、チョコレートやベリー系など、味が様々。

自分好みにアレンジしてみてください。

② スープにしてみてる

スムージをそのまま飲んでも構いません。

作ったスムージーをフライパンに乗せて、温めて塩を加えればスープの出来上がり!

余分なフルーツを摂取する必要がないので、糖質を制限できます。

人参のポタージュなど!作ってみてください😀