ブロッコリーの栄養効果!筋トレに最適!

ブロッコリーの栄養効果!筋トレに最適!

2020年2月26日 0 投稿者: Media Fitto Manager

ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどのアブラナ科の野菜には、グルコシノレートとミロシナーゼ酵素という大量の代謝産物が含まれます。グルコシノレートはスルフォラファンやアイソチオシアネートに変換され、健康効果をもたらします。

この記事のまとめ

ブロッコリーに含まれるスルフォロファンは幹細胞を強化する効果があります。その幹細胞には筋細胞を産生する働きがあるので、その幹細胞を強化することで筋肉の合成促進や回復促進効果を得ることができるのです!

スルフォラファンのがん予防効果

複数の研究により、スルフォラファンのある予防特性が注目を浴びています。癌の進行を弱めたり、外因性因子または遺伝的因子による疾患および皮膚病を予防することができます。

スルフォラファンを含む食材は、解毒酵素の産生を活性化し、ガンからカラダを守ります。これは、スルフォラファンがグルタチオン(解毒酵素)と結合し、細胞を刺激してより多くのグルタチオンを産生してくれるからです。

幹細胞を強くする

ナポリのSecondaUniversitàdegli Studiの分子生物学者が実施した研究では、スルフォラファンが幹細胞の増殖を促進し、幹細胞の老化を抑止することがわかりました。

スルフォラファンは、より多くの数の新しい幹細胞をもたらしただけでなく、既存の幹細胞の長寿命化を実現したのです。

少量のスルフォラファンが良い!

スルフォラファンは、摂りすぎると逆に幹細胞を弱めて老化促進を引き起こすこともわかっています。つまり、幹細胞を衰弱させてしまうのです。

しかし、アブラナ科の野菜(ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー)を食べることで得られるスルフォラファンは微量で、幹細胞を強くしてくれます。ブロッコリーを食べる時は、食べ過ぎたとしても含まれるスルフォラファンはほんの少しなので、体に悪影響はないです!安心して食べまくってください。

ブロッコリーの筋トレへの効果

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンが幹細胞を強化することについて解説しました。筋肉細胞も生成する幹細胞の保護は、筋肉の再生と成長を促進します。

サプリメントによるスルフォラファンは過剰摂取の危険性があり、摂取しすぎると逆に幹細胞に悪影響をもたらすので注意してください。