悲観的に計画を立てて楽観的に行動する

悲観的に計画を立てて楽観的に行動する

2020年3月14日 0 投稿者: Media Fitto Manager

楽観的に計画を立てるとどうしようもないことが起きます。

悲観的に行動すると何もできずに終わります。

 

これは色々なことに応用できる知識です。

 

一週間のトレーニングスケジュールを作ったけど、なかなかうまく続かない。

それは、悲観的にスケジュールを立てられていないからです。

金曜日は疲れているかもしれないから、トレーニングはオフにしようとか。かっこよく言うとリスク管理をするのです。

 

他には、ジムに登録しようか迷っている。だけど、なかなか行動に踏み切れないなど。

それは楽観的に行動できていないからです。ジムに行くことがダイエットの第一歩だと自分でわかっているなら、それを楽観的に行動に移す必要があります。

 

悲観的に立てたプランをもとに、最悪のシナリオに対する施策を考えます。

その施策がうまくいかない可能性まで考えるのです。

 

深堀に深堀を重ねたら、やっと行動のときです。この行動のフェーズではできるだけ楽観的に行動します。

 

このフェーズでよくあることは、心配になってプランを練り直してしまうこと。最悪の中の最悪のシナリオを考慮して考えたプランに自信があればあるほど、自信を持って行動できます。

 

そして、そのプランを立てた自分を信じて、行動するのです。